FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にぃにのことを忘れないで

夜中にたまたまテレビをつけたらやっていた。

全然ストーリーもなにもわからないんだけど、最後の死んじゃうシーンだけ見た。

そこでのお母さんとのやりとりだけで泣けた。


色々なパースペクティブを身につけて、涙の意味も大きく変わってくる。

乃公の涙は最愛の人が死ぬという悲しみに濡れたのではなく、
今しかない永遠を生ききったその美しさに濡れたのだ。

この悟りに感謝!ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。