FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扉を叩く人

予告編がほとんど語ってしまっている。

予告編では泣けそうだったのに、本編では泣けず。

初老の男が再生していくのが熱い。

まさに何才からでも人生は輝き出す見本である。

経験をすることで人生が輝くのだが
価値ある経験とは常に人との関わりを含むものなのだなと再発見した。

この気づきを与えてくれた本作に感謝!ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。