FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山高速バス

これはバスの功績と捕らえればいいのか、高速道の功績でとらえればいいのか分からないが、
富山から池袋へ向かう高速バスの旅路が最高だった。

池袋というのはあまり関係なくて、要するに北陸自動車道が美しいのだが。

特に名立あたりがヤバかった。

昼の時間帯で、雪が降っているという条件がまた最高だった。

右手には絶景の山岳模様が、左手には海が広がり、トンネルを何度も抜けていく。

なんとも幻想的でファンタジーな光景だった。

ぐーっと胸がしめつけられて、一種、敬虔な気持ちにすらなった。

バスの高見にして大きい窓がまたよかった。

電車ではどちらかの窓に寄ってしまい、全体感が掴めないもので、
バスが優れている点だ。

屋根も硬質ガラスにしたならばとんでもなくリッチな気分になれるのにと思った。

こんなに美しい景色なのに、乗客は誰も見ておらず、
ケータイでメールのやりとりをしているか、PSPをしているか、
ipodで音楽を聴きながら寝ているかのいずれかだった。

ただ、ひとりだけ50代くらいの窓側のご婦人が景色を見入っていて
「ですよね」と思って2人だけでこの景色を共有しようと思ったが
よくよく見るとご婦人は窓に顔を向けているだけで
ぴーすか寝ていた。

もし、この絶景をきちんとプロモーションし、拝観料を500円~1000円でもとれば
みんなググーッと見入るだろうと思った。

人から価値を規定してもらわなければ美が分からないのだと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。