FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の生涯~梅蘭芳~

マンガ「昴」と同じ原理で1回泣いた。

舞台モノの極意は観客の反応を鋭く描くことだ。


天才の生き様を魅せてもらった。

あの、義兄の人は確かにひどいけれども、彼こそが本当に精神的に芸術家だったのであり
まさしく、2人で1人。

芸術家としての芸術に対する精神面を担っていたのが彼だったのだ。

愛よりも!人の命よりも!芸術が重いと断言できる精神が芸術家には必要であろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。