FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センゴク外伝桶狭間戦記

うん、ああ、そうね。

感謝!ありがとう。
スポンサーサイト

【殿堂入り】鈴木先生

前に読んで、濃い絵柄に挫折したが

今回、スマホで無料で全巻読めるという機会があって

読んでみたところ、こんなに挑戦的で

面白いものだったのかとやられた。

こうした実験的な作品は、ややもすると、奇を衒っているように思われてしまう。

乃公も勝手にそれを感じてしまったのだが、

改めて読んでみると、非常に意欲的で挑戦的だった。

好感が持てたのは教室の生徒がわめくシーンが、非常にイキイキしていて

落書きっぽいギャグ的なセリフに堕するのではなく、

「あるある」感が出せていたことだ。

全編全く真面目に描かれているのに、ギャグ感が生まれて

こらえきれず笑えてしまうのは、

まさに日常に咲く笑いというものを体現できており、

作品の中を越えて、読者の日常にクロスオーバーするような錯覚すら生んでいて秀逸である。

生徒会偏のみダレたが、最後などは圧巻で

まさか、圧倒的に救いのないストーリーを生むが為に、

これまでのすべての伏線があったのかとドギマギしてしまったが、

それすらも越えたリアリティと納得感をもって提示をしてくれた。

すごすぎた。

つまり、鈴木先生のクラスに○○が襲来したらというifについて。

エンディングもありきたりの卒業に合わせた終わりにならないところも
充分な納得感をもって迎えることができた。


久しぶりに読み終わるのが惜しい漫画だった。


感謝!ありがとう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。