FC2ブログ

【殿堂入り】鹿嶋花火大会

若い時分は、人が集まるものに少なからず反撥があった。

バカみたいに集まりやがって疲れるだけだ、と。

しかし、集まるものには理由がある。

初めて、花火大会というものを目の前で見てみた。

すごくすごく感動した。

これを開催する人の想い、

ナマで観る以外にどんな家電技術も及ばない迫力、

場に集まっている人の想い

それらがすべて伝わってきて

それらすべてを載せて、花火そのものの圧倒的な力強さが文字通り展開される。

今日、強く学んだことがある。

遠巻きに観てはいけない。

本当に感じたかったら、一番前に征かなければならない。

一番前に征くためには、しなければならないことがあるだろう。

他の人をおしのけたり、金を使ったり、時間を使ったりしなければならない。

しかし、一番前にはそれに応えるだけの感動がある。

後ろで、顔なじみ同士、肉でも焼いてテキトーに観てる奴らにはテキトーな応えしかない。


この殿堂入りに感謝!ありがとう。
スポンサーサイト



季節限定 梨ジュース

すっげーまずい。

のんでるときはまだ梨を楽しめるんだけど後味が、なんでこんなにまずくできるんだってくらいまずい。

でも、乃公も買っちゃったわけだし、1リットルもあるからがんばってのむんだけど

やっぱりまずい。

ここまで酷評してるから、かわいそうだから、社名は言わないであげるけど、
ケッコーこの会社の商品はクエスチョンがつく商品が多いよ?ねぇ、努力してるの?

まぁ、でも店頭に並んだもん勝ちだよね。

感謝!ありがとう。

生茶スパークリング

sparkling_p500.jpg
sparkling_p500.jpg

えー?

乃公はテレビを皆無で見ない人なので、また都会の中吊り広告からもご無沙汰なので
すっかり新製品の情報がない。

んで、たまたまコンビニに往くと新鮮な驚きに出会える。

お茶の炭酸?

えー?

のんでみた。

お茶だった。

炭酸だった!

でも、それ以上の発見はなかった。

感謝!ありがとう。

ハンター×ハンター

表紙は前巻と逆だったんじゃないかな。

1秒の間で勝負が決まるというこれは緊迫の極致だよね。

このマンガは本当にすごい。

感謝!ありがとう。

笑いの大学

本家が面白いと言っていたのでみてみた。

三谷さんの作品で1番好きな作品となった。

松本さんがやっぱりすごい。


検察官があんないい人になるわけがない。

結局、フィクションはメタファーでしかない。

だが、自分の人生に集中するというテーマに於いて佳作である。


感謝!ありがとう。