FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿バルト9

あんま好きじゃないんだよね、この映画館。

多用してるけど。

上映センスもいい、きれいで立地もいい。

でも、なんか店員がお高く止まってるのよ。

お高い映画館ってイメージがあるなぁ。


そのお高さに感謝!ありがとう。
スポンサーサイト

REAL CLOTH 5巻

この漫画好きだな。

少女マンガながらよく読める。

ビジネスのリアルを描いてる。


そのリアルに感謝!ありがとう。

金剛番長 6巻

これまた破天荒な最強イメージがよい。


ミサイル爆撃喰らって生きてますからね。


イメージですよ、この世はイメージ。


その最強イメージに感謝!ありがとう。

リボーン 15巻まで

マフィアというクールな設定と中学生ってのがやっぱり合わないなぁ。

色々ギャグを入れたり工夫もしてるんだけど。

あと、意外とこの作者の方はお色気を描きたいのね。

かなり軽度なソフトエッチがまた悶々とくる。


その悶々に感謝!ありがとう。

さやの湯処

志村坂上にある。

温泉施設としてはまぁ並だけど、立地の渋さ、食事がまぁうまいのがアリ。

好きよ。

あの立地に感謝!ありがとう。

横浜家系 侍

抜き差しならぬ明治通りラーメン戦線に新しく咲いたお店。


やる気をみせている。


そのやる気に感謝!ありがとう。

【殿堂入り】泣きながら生きて

これはすごい。とにかくすごい。

リアルリアルリアル。

市井の民の本気の生き様をまざまざとみせつけられる。


こんな殿堂モノに感謝!ありがとう。

ロッテ スペシャリテ

銀座コージーコーナー監修と来たが、
特に大したこたない。

包装がアルミフィルム一枚だったのは面白かったけど。

まあ、塩チョコってのがクセがあるわけでね。

普通なら普通にうまかったかも。

でも、おお!っていう感動はなかったなあ。


この「逆普通」に感謝!ありがとう。

明治 グリーンティーチョコレート

んー、まずくね?

乃公はまずいと思うんだけど。

チョコと抹茶が絶妙なマッチ!とか言うのかな?

お菓子でまずいって久々です。


このまずさに感謝!ありがとう。

北斗の拳アニメ

物事のブームに乗る人口の推移を放物線で表せるようだが
乃公はブームが終焉気味の放物線が地面につくかつかないかくらいのところが
乃公のタイミングのようだと最近強く思う。

ニコニコ動画しかり、
そして北斗の拳ブームが今、乃公に来ている。


ニコニコ動画を通して、北斗の拳のアニメを回収するようにみているのだが、
これがなんともサイコーなのだ。

北斗の拳の原作のすばらしさはもちろんなのだが、
アニメから見た乃公は原作を読んだときに
短いなと思ったことがある。

入口の問題か。

そして音楽、声優陣がサイコーだったんだなぁこのアニメ。

第一部完には涙ぐんでしまった。


正月は北斗アニメ全作DVD鑑賞でキマリだな!(仕事だけど)


この作品を再びみれるという機会にホント感謝!ありがとう。

ニコニコ動画

ニコニコ動画はなんか雰囲気的に敬遠していたのだが、先のきっかけからニコニコ動画を利用し始めて以来
youtubeよりすっかりハマってしまっている。

「コメントができる」
というそのたったひとつの破壊力の大きさをまざまざと感じる。

秀逸なコメント群に爆笑してしまいますよ乃公。

これはまた発明だね。

Youtubeとすみ分けができているところがすごい。


このサービスに感謝!ありがとう。

【殿堂入り】不思議な少年 八巻

なんというか、この漫画はアイデア勝ちなところがあり、
いい漫画であることはよくよく分かっていたので
乃公の中で評価も辛かった。

中でも三巻は名作として乃公の中にインパクトを与えてくれたが
それからはまぁグッドグッドくらいのもの。

しかし、今回はよかった。

長々とやってくれた聖フランツは並の作品だが、
その後の「マリーロンドン」がかなりよかった。

手塚氏のブラックジャックにあった、大統領になる子どもの話があったが
あれを思い出した。


殿堂モノに感謝!ありがとう。

餓狼伝 最新刊

あわれヒコイチ

鳴り物入りでやってきたキャラクターはその後の弱体化があはれ。


そのもののあはれに感謝!ありがとう。

土竜の唄 19巻

寝ぼけまなこで読んだのであまり覚えていませんが

奴が復活ぅぅぅぅぅぅぅ


その復活に感謝!ありがとう。

カプリチョーザ 川崎店

カプリチョーザって、中学の時に食べた以来だけど
友人と2人でいってきましたよ。

カプリチョーザって高くて、量がたくさんで、おいしいってイメージだったんですけど

久々にいってみたら

なんや

サイゼリヤさんと変わり映えせんなぁ。

だったら、値段も安いし、サイゼリヤでええやーん。

という結論になりました。


長い幻想から醒めさせていただいたことに感謝!ありがとう。

桜吹雪が風に舞う

新宿本店にいってきました。

おいしいね。

悪くないと思います。

祭姿の女性店員がまたよい。


うまさに感謝!ありがとう。

スイーツトルテ モンブラン

不二家ぷろでゅうす

うまいよ、これ。

量少ないよ、これ。

モンブランを再現ていうんだけどさ、やるね!


このおいしさに感謝!ありがとう。

曲がれスプーン

どうなんだろう。

映画なのに舞台っぽい演技になってしまうのは。

舞台俳優だから仕方ないのかな。

映画はもっと映画らしくやって欲しいかも。


でも、よかったよ。

面白かった。

ギャグも笑えた。

タイムストッパーが好きだな。

もうちょっと最後にひねりがあれば良かったけど
これはこれでいいかな。

舞台っぽい脚本だから、
きちんと登場したアイデアがすべて使われている丁寧さが気持ちいいね。

キャスティングもよかったな。

でも、長澤さんの主人公の描写はちょっとひどいね。

あんな女性、いいようにされちゃうよ?都合のいい女になっちゃうよ?


最後のこどもたちの表情はとてもよかったけど、あれは演技で撮ってるのかな?

ほっこり感がよかったです。

ほっこり感に感謝!ありがとう。

やったる

新宿やったるの「まぜそば」というラーメンを喰ってみた。

ま、油そばですね。

チーズが混ざってるのが特長だったけど、全然フツーにイケる。

でも、油ソバってあまり店の違いが出ないかも?


この微妙感に感謝!ありがとう。

なくもんか

んー宮藤氏の映画なのにイマイチだったかなぁ。


錯綜しすぎなのよ。

ピントが乱れてる感じ。

それぞれのキャラは立っているのに。


ゲロッパを思い出すが、ゲロッパの方が断然良かったなぁ。

ギャグもあんまりキレなかったなぁ。

木村さんの奥さん役は色気があってよかったなぁ。


まぁ、このまぁまぁ感に感謝!ありがとう。

イングロリアスバスターズ

今回、1日に4本映画を観てみたが全然まだ観れる自分がイイ。

しかし、まだ観れるのと飽きがこないってのは違う話で、
んー、どうも映画欲が落ちてきたかも。

ガンと来ないのよねぇ。

映画がつまらなくなってしまったのか
乃公の感じ方が摩耗してしまったのか。

ま。また回復するでしょう。

タランティーノ氏の映画はノーマーシー(無慈悲)で好きなんだけど、
今回イマイチかなぁ。

やっぱり主役はあの女の子において、
彼女こそをバスターズに引き込めば面白かったと思うのだけど

なんか色々交錯してしまった感があるね。

それぞれのキャラはかなり立っててよかっただけに残念。

あと、今回、ニヒルな笑いも少なくてそれも残念。


あ、でも、あの結末はすごいと思った。

大方の予想を裏切ったのではないか。

あのやり方はタランティーノ氏だなぁ。


あの大胆な結末に感謝!ありがとう。

ストリートファイターⅣ

んー、なんか諸々進化しても

乃公のテクニックはなにも進化しないというわびさび。


わびさびに感謝!ありがとう。

クリスマスキャロル

ディズニーの正論は目頭を叩く!

そして乃公はそれを求めて映画館へと足を運ぶんだよなぁ。

初めての3D体験だったが、3Dにするとスクリーンが小さく感じられる。

自分のメガネに収まるサイズになっちゃうんかね。

とても残念。技術革新に期待する。

3Dを利用して、字幕が手前にあったり奥にあったりするのは感心した。

でも、そんな超立体というかエンボス程度だったな。

まぁ、仕方ないのかなぁ。



ディズニーランドはどうでもいいが、
ディズニー映画に乃公は神話を観る。


ディズニーの存在に感謝!ありがとう。

2012

地球が終わっちゃうならやっぱ宇宙しかないじゃんと思っていたが

そういう結末だったとは。

船に乗らなかった人で生き延びた人はいなかったのかな。

「平等なる死」の淵において問われる姿。

それこそがこれまでの生を映し出しているのではないか。

乃公は中学生の頃に『ノストラダムスの大予言』に対し
なにが起きても乃公は食料を争ったり、女をレイプしたりはしないと自分に誓った。

しないにはしないだけの条件も必要だと分かっている○年後の乃公だが。

「命」と「人間性」だったらどちらが重いかという問いだ。

40万人の世の中になったらどうなるかな。


色々な問いに満ちていたが、インディペンデンスデイの方が面白かったのはなぜだろう。

地球が終わるならしょーがねーだろっていうのと
宇宙人が攻めてきたなら闘えばいい!っていうことの差か。


考えさせてくれたことに感謝!ありがとう。

【殿堂入り】クイーン ライヴモントリオール

大好評と噂のThis is it!だが、同じ音楽映画なら乃公はこっちのが好きだ。

もちろん、クイーンファンだからじゃねぇかというのはあるにせよ。

デジタルリマスターの実力見せてもらった。

ここまでとは思わなかった!

もう、まるっきり現代ですよ!

今、まさにフレディが生きているかのような。

家庭では再現できないの看板にいつわりなし。

大画面と大音量で迫ってくれて、まさに夢のライブにいるかのような気持ちになれた。

「映画館なので立ったりしないでください」…というのはウッソピョーン。
ライブ気分でどうぞ

というフィルム制作側からの触れ込みがあり
乃公もそれを楽しみにしてきたようなものだが

実際に立ち上がったのは乃公だけ。

乃公だけロックンロール。

さみしーなぁ。

ま、年齢層が高めだったのもあるし
それぞれの楽しみ方があるからぜんぜん構わないんだけど、
でも、やっぱり

映画館とかライブとか

そこに集合するということには意味があると思う。

集合するという意味。

群集心理と言えば、悪い意味で捉えられることが多いが、

あの恍惚感などはやはり、「集合」しなければ生まれない。という言い方は正しいと思う。


そして、やはりみんなで立って合唱してガンガンに観たかった。

その時、映画ではなく、体験となるのだろう。


しかし、それでも、クイーンのライブに少しでも立ち会えたという記念になり
とても感慨深く目の端に涙が浮かんだ。


まさか、クイーンのライブに参加できるとは思わなかった。

企画したブライアンメイも、やっぱやってくれる男よの!


この映画、この企画に感謝!ありがとう。

リボーン 11巻まで

これ、みんな中学生なんだろ?

設定に難アリだろー。

素人では漫画史上においてかなりのつよさなのではないかッ!?


この無理感に感謝!ありがとう。

バンビーノ セコンド

バンビーノが一応完結して続編が始まっている。

部下も持つようになった主人公。

部下を持っても大変そう。

みんな大変なんだね。


この大変感に感謝!ありがとう。

蒼天の拳 16巻まで

ぬぅ!

かなりいいね。

原哲夫氏は、成長する漫画家だと思う。

すばらしい。

主人公の設定がいい。

主人公が好きな漫画ってあんまりないんだけど、
この拳志郎はいいなぁ。


主人公を好きになれること自体に感謝!ありがとう。

アルフォート ミニチョコレートリッチミルク

このミルク風味がまた微妙な良味を醸し出してうまい。

すっかりだまされている乃公よ!

量は少なくなったんだよ?
値段一緒よ?いいの!?


所詮、人も猿と変わらぬ事実に感謝!ありがとう。

アルフォート

初めてこの商品を見たときは、ありがちなどーってことない商品だと思った。

これなら、量が2倍以上あって、値段も同じで同じブルボンの
チョコダイジェスティブビスケットの方がいいと思ったが、

新商品故の販路の多さや
コンパクトなサイズ、ビスケットがチョコより小さいが故の味の変化などで
いつしかワシこっちメインなっとるやんけ!


このだまされっぷりに感謝!ありがとう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。