FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7つの贈り物

まぁまぁ。

だが、テーマはかなりいい。

乃公の中でウィル・スミスくんは、これで二回、「テーマはいいけどまぁまぁ賞」に輝いている。

(1度目はアイアムレジェンド)

「なんとかワイルド」って映画も、そうだったけど、
こういう新しい価値観をテーマに据える映画の場合、
主人公に負い目の設定があると、
乃公としては「それだからこういうことをしたんでしょ?」という
うがった見方をどうしてもしてしまうのだ。

そこで既に評価点が半分になる。

新しい価値観を打ち出すのなら、もっと誰だってやりうるという普遍的な設定でストーリーを作ればいいのに。

ストーリーの呪縛にハマってるのかなぁ乃公。

そうした理由からペイフォワードはよかったよ。

主人公が普通の子供だったからね。

誰でもこうした新しい価値観を打ち出せる、という話になるでしょ?

主人公が片親だったからとか、足が一本無かったからこんなことをした、
みたいな根拠をもってしまうと普遍性をもたないと乃公は思うんだけど。

どうだろ。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。