FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーンブース



ジャケ買いならぬ予告篇買いというものがあって
己はこの映画昔からずーっと気になっていた。

人生全体的に怠け者なワシは気になりつつも、放っておいたのだけど
今回チャンスがあって観た。

相当良かった。

この舞台設定は相当スゴイ。

「ケータイがあるじゃん」って話に対する
「分かります。分かりますけど…」って丁寧な設定展開がされていて
とても好感が高い。

シンプルで無駄がない。

舞台化しても面白そうな非常に優良な映画だった。

サスペンスと言うよりは乃公はむしろコメディと捉えた。

この状況はギャグだなぁ。

かなり好きです。

それからこの作品はDVDがいい。

メニュー画面がすごく凝ってるし、
メイキングも収録されてるんだけど
アメリカ人ってホント楽しそうに映画撮るねぇ。

この仕事の姿勢は見習いたいね。

10日で撮ったんだってこの映画。

すごいすごい。

ワシ絶賛

「人は恐怖に陥ったとき想像力を獲得する」ってのはけだし名言だね。

犯人像をもう一歩彫り出して欲しかった。

それさえあれば殿堂入りだったね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。