スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【殿堂入り】グルーブコースター

すごい。

ゲームの面白さってこういうことだよね。

通常のハード機でなくとも、iPhoneゲームでも十分に面白い。

同時期にDLしたデビルメイクライというゲームがあるのだが
比較して申し訳ないがなにも面白くない。

ああ、いかん、他のタイトルの批判になってしまった。

美麗なCGがなくとも、こういう魅せ方で楽しませてくれるんだなぁ。


すごいよ。デザイナーは石田礼輔さんとおっしゃるそうだ。

これは面白い。

殿堂物に感謝!ありがとう。
スポンサーサイト

テトリス

久々にテトリスをやった。

最高でレベル64だった。

墜ちたものだ。


レベルが人間の歳を表しているようで、
自分の歳のレベルでは絶対にゲームオーバーになりたくなかった。

ちょうどその頃に、色々隙間ができて積み上がっちゃってくるのが、
またリアルだ。

「乃公はもう一度返り咲いて魅せる!」と心に叫ぶのだ。


ともかく

テトリスは本当に素晴らしいゲームだと思う。

88年にセガからアーケードに登場して以来、尚、現役で稼働している。

インカムも結構あるのではないか。

ご老人もプレイしていたりするのがいいよ。

開発者のアレクセイ・パジトノフは、プレイヤーが以下のような段階を経て次第に高得点を得る方法を学習すると考えた。

* ルール・操作法を理解する段階
* テトリミノを隙間無く並べるようになる段階(回転させない)
* テトリミノを回転させるとどのような形状になるかを予想し、狙って回転させる段階
* 次に落ちてくるテトリミノも見て考える段階
* 高得点を狙い、複数段をまとめて消すことを狙うようになる段階
* 4段消しを狙い、端の1列のみを残して積む段階
(wikiより)

これは全くその通りである。

それから、テトリスハイなる用語もあり

『テトリス』に慣れ、瞬間的な判断・操作を数多くこなすようになると、次第に思考が自動化されてくる。ゲームが進むにつれ、テトリミノは次第に高速で落下し、もはや目にも留まらぬ速度で落下してくるのであるが、数十分から数時間もゲームが続けられるようになるのである。

人間の脳はこのような状態に置かれると、一種の催眠状態となり快感が引き起こされる。この快感は「テトリス・ハイ」と呼ばれ、ときには中毒的にもなる。
(wikiより)

乃公は快感はあまり感じないが、(感じているかもしれないが)
自分の強気や弱気を繊細に感じることができるのが好きだ。

今、ビビった。
今、強気で勝負した、など。

また「無理」という状態は最後の最後まで存在しないのもこのゲームの特徴だ。

どんな状態でもやり直しがきくゲームなのだ。

仕事とも同じで
「ああなってこんなふうになってるからもうダメだ」というのか
「ああなってこんなふうになってるけど、どうやって打開しよう」という気持ちになるのかの違いが明白に存在する。

また、テトリス棒一本頼りの心の状態なども
良い外部要因(好況である、上司が優秀、部下が優秀、会社の待遇がいいetc…)
をアテにするかどうかの話につながってくるのである。

学びが沢山です。

このゲームは本当にすごい。

鉄拳2

6367644.jpg

何年かぶりに鉄拳2をやった。

やはりこれは名作だったよね。

音楽がいいなぁ。

ほら、今も頭で響いてますよ。

レイステージ、リーステージ、ポールステージ…

嗚呼

ゲームバランスも最高だ。

おまけ要素も含めてプレイステーション版は完璧だ!


昔の自分を取り戻すのに3時間くらいかかったが、炎帝ニーナ、復調しました。

久々に骨をゴキゴキいわせたった

ファイナルファンタジー7

youtubeサーフィンをしていてファイナルファンタジー7の映像をいくつかみた。

これはホントに名作だったなぁと改めて思った。

コンビニ予約をして、発売当日に買って三日没入体制でクリアした。

RPGに肩入れができた最後の作品だったかもしれない。


そして、現代のゲーム直撃世代にとってはもうレトロゲームとなるわけだ。

このゲームは。

グラフィックはホントに進化したが、昨今のRPGはここまで深いストーリー(色々、破綻はあるにしても)を練られているだろうか。

ファイナルファンタジー自体も7以降は相当なガッカリさんである。

8にはこっぴどくやられた。

超惰性。

リノアもユウナも美人過ぎるんだよ。

そして、今度13が出るがまたしても、女性が主役でしょ?

で、また美人だし。

ダメだと思うなぁ。

神話体験をしなければならない。

英雄体験をしなければならないのだ。

そのためには男性が主役でなければならない。


チープな恋愛ドラマには染まらないで欲しい。

6のティナもセリスも美人キャラなのだが、それは萌えとしての対象ではなく
神話的、童話的な美なのだ。

今一度ファイナルファンタジーにはファンタジーが必要だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。