FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センゴク外伝桶狭間戦記

うん、ああ、そうね。

感謝!ありがとう。
スポンサーサイト

死刑執行中 脱獄進行中

前々から読みたかった作品が遂に読めた。

「死刑執行中」「ネコの話」「岸部露伴は動かない」「デッドマンQ」…。

荒木パターンばかりであまり面白くなかった。

読めなかった方がよかったと思う。

場所ひとつとってみても、寺、家屋の中、船、教会、町の隙間、どれも既出だ。

あと、この人のマンガで本当にホラーを感じている読者はどれくらいいるのだろう。

ジョジョの作品にしても、あの幽霊の話にしても、どこかコミカルなものを感じてしまう。

多少、怖くなっても、最後にひきずりながら教会を出ていくところとかなんかコミカルだ。

それが救いなのか。

乃公自身もまっしょうめんのホラーは怖くなってしまうのでこれくらいでちょうどいいかもしれないけど。


麗美が初めて出てきた時くらいかな、彼の作品でホラーを感じたのは。


吉良の話は設定が面白いね。彼が仕事をしているという設定が。

殺す時の目とかもこだわりがあって(昔の彼の目をしていて)よかった。


感謝!ありがとう。

トリコ 最新巻

ホントにこのマンガは面白い!

ハンター×ハンターがちょっと落ち着いちゃったから、今はこっちのが面白い。

スタージュンて誰だっけ?


ハンター×ハンターよりもファンタジー性が、強いね。

こちらは。

バキとか他のマンガのいい要素が中途半端に盛り込まれている印象を受ける。
でも、ただのマネではなく自分のものとして消化しているように見えるから
鼻につかない。

繰り返すが小松が女性だったら、よかったのに。

だが、しまぶーは女性が描けないので
これはこれで英断であることは分かる。

分かるが惜しい。

金庸だったら絶対にここに恋愛要素をもってきているハズだ。

ろくでなしブルースも千秋がいたにはいたが、
全然かわいくないし、足手まといだけなのであれはマイナスに働いた例だ。

もし、島袋筆者がこのマンガで相手役に女性を出していたら
アレとおなじ憂き目にあっていただろう。


感謝!ありがとう。

ハンター×ハンター

表紙は前巻と逆だったんじゃないかな。

1秒の間で勝負が決まるというこれは緊迫の極致だよね。

このマンガは本当にすごい。

感謝!ありがとう。

ハンター×ハンター 新刊

今月はハンター×ハンターとトリコが同時発売。

なんたる僥倖

しかも、ハンター×ハンターに至っては、来月も刊行。

バカな!

特典過ぎる。


ちょっと緊迫が緩んでしまった感があるけど

あの散り際が美しい。

「武の極み、そんなもんじゃねえだろ」

熱い


感謝!ありがとう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。