スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【殿堂入り】カンフーハッスル

DVDが落ちていたのでまた観てみた。

この映画は最高やね。スクリーンで観たかった。

みどころは
初めての達人3人
琴VS侠侶
火雲邪神登場
侠侶VS火雲邪神
最後の闘い


そしてギャグ2本
チャウシンチーが町でひとりずつ指名してやられるシーン
デブがナイフを投げるシーン
この2本はいつ見ても笑える。字幕の訳も最高。

すばらしい。感謝!ありがとう。
スポンサーサイト

【殿堂入り】オーケストラ

むせび泣いた。

料理は、作った者の人生を食べさせるというが、音楽もそれと同じだろう。

人生の美しさをうまく表現した素晴らしい作品だった。

チャイコフスキーがそれを彩ってくれる。

メラニーロランさんは息をのむようなメッチャクチャ美人なんだけどすぐ慣れてしまう。

【殿堂入り】インビクタス

めっちゃくちゃスゴイよこの映画。

意志という強さを感じた。

リーダーが暗殺をも恐れぬということの意味を知った。

上映時間の三分の一は泣いてたよ乃公。


この「殿堂入り」に出会えたことに感謝!ありがとう。

【殿堂入り】アバター

3回ほど泣かせていただきました。

キャメロンさんやるぅ!

タイタニックから満を持しての大作。

やってくれました。

これは、小中学生がみたら、スターウォーズのようなショックがあるんやなかろうか。


久々に大作が面白くてとてもうれしい。

まず、なんと言っても世界観がスゴい。

SF好きの己としては、もう超、入り込んでしまった。

しかも、この映画は3Dが当たりです。

3D版の方が楽しめるでしょう。

世界にもっと集中したいから吹き替えでもよかったかな。


ストーリーに関して浅いというが、これは王道の神話なのだから、
これでいいんです。

王道に忠実にしっかりと描ききったところに価値があるのであり、
小手先のどんでん返しなどに期待は無用。

敢えて言えば、ラスボスとの闘いはそんなに派手に描かなくてもよかったかもしれない。
ラスボスは投降するくらいが美しかったと思うなぁ。

それよりはむしろ、勇者に成るシーンこそをもっと詳しく描いて欲しかった。

でも、これはスッゲェよ。

すげい映画だ。


この邂逅に感謝!ありがとう。

【殿堂入り】泣きながら生きて

これはすごい。とにかくすごい。

リアルリアルリアル。

市井の民の本気の生き様をまざまざとみせつけられる。


こんな殿堂モノに感謝!ありがとう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。